セレクションアンドバリエーション

人事評価制度,目標管理コンサルティング

求人情報

お問い合わせ、講演、セミナー、執筆、メディア出演依頼

会社情報

※この映像は音声が流れます

逆転出世する人の意外な法則

特設ダウンロードページ

日本語版はこちら 韓国語版はこちら

ホーム >過去の出版・寄稿

書籍・メディア

日経スタイル:出世ナビ プロがあかす出世のからくり

日経スタイル:出世ナビ プロがあかす出世のからくり

日本経済新聞社の情報サイト、日経スタイルにおいて、弊社代表の平康慶浩の連載記事が読めます。

>>日経スタイルへのリンク




労政時報

労政時報会員の方はWEB労政時報から「平康」を検索してください。

https://www.rosei.jp/readers/

2017年4月14日 3928号 特集掲載
「人材アセスメントをどうすすめるか」

【実務解説】 組織を強くするアセスメントの活用
【特別調査解説】 役職登用に関する人材アセスメント活用状況

2016年8月12日 3914号 特集掲載
「女性が働き続けることのできる環境と人事施策」

【特別調査解説】 共働き時代における企業の人事施策アンケート
         既婚女性社員300人に聞いた家事・育児・仕事に関するアンケート
【実務解説】 女性活躍に向けた企業の戦略的対応

2015年6月26日 Point of View 第44回
「実効性のあるセカンドキャリア支援−これからの人事部にできること」

50代以上の従業員に対する人事部側の支援についての考え方を提示。




マンガでわかる いまどきの「出世学」

逆転出世する人の意外な法則 ―エリート人事は見た!
6割強の人は、出世をしないと、40代50代になってもずーっとその年収! ?
人事コンサルタントが、新しい時代の 「正しい出世のルール」をマンガでやさしく解説します。

「年収は会社の規模よりも○○で決まっている。」
「効率優先の人と公私一体の人、どちらが役員に選ばれるか?」
「転職で出世できる人と転落してしまう人の違いは?」
「そこそこ出世で年収1000万円を実現する裏技」
「自由とお金の両方を手に入れられる働き方とは?」
……大企業から中小までさまざまな業界を担当する人事コンサルタントが、働き方が激変する現代の「出世」と「給料」のルールをマンガで解説します。

>>amazonへのリンク




逆転出世する人の意外な法則 ―エリート人事は見た!(プレジデント社)

逆転出世する人の意外な法則 ―エリート人事は見た!
「同期で一番に係長になると役員になれない――」。

大器晩成という言葉があるように、若くして飛ぶ鳥を落とすような活躍をした人がその後伸び悩み、 逆に最初に評価が低かった人がある時期から急速に出世を果たすケースは思った以上に多いという。 100社以上の人事を見てきた辣腕コンサルタントである著者が、そんな昇進のメカニズムを徹底分析、 20代~50代、それぞれの年代別に、今から逆転出世コースに乗る方法を伝授する。

>>amazonへのリンク




課長1年目の教科書(かんき出版)

課長1年目の教科書
役員コースかレース外か

会社人生2度目の採用試験はここから始まる。
150以上の企業で20年、人事コンサルタントとして活躍してきた著者が教える戦略的キャリアのつくり方とは?
役員になれる人、なれない人は、これから10年の働き方で決まる!

新入社員から読ませたい!

>>amazonへのリンク




出世する人は一次会だけ参加します ―会社人生を決める7つの選択 (日経プレミアシリーズ)

出世する人は一次会だけ参加します
"優秀な駒"と"出世する人"の考え方の違いを分析し累計34000部となった『出世する人は人事評価を気にしない』著者による第二弾。

飲み会に参加するか断るか、転勤に応じるか家庭を優先させるか、人事面談で成果をアピールするか否か―

「出世する人の選択」には、それぞれの企業タイプに応じた、ある法則性があった!人事のプロフェッショナルが、働き方のルールが変わるこれからの時代を踏まえ、20代~50代まですべての会社員にキャリアの築き方をアドバイスする。

>>amazonへのリンク




WEB労政時報/ジンジュール

実効性のあるセカンドキャリア支援―これから人事部にできること
https://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=65800

【概要】
・シニア社員も人事部も互いに不満を持っている
・セカンドキャリア支援はなぜ機能しないのか
・「出て行かせる」仕組みから「新しく始める」仕組みへ
・シニア層に「成長」への気づきを与える
・パーソナルブランドを意識させる
・「新しく始めるため」のつながりを支援する
・働く意識を変革していく




SMBCマネジメントプラス

SMBCマネジメントプラス

SMBCマネジメントプラス

「人材育成の新しい潮流  次世代経営幹部の育て方(上)―環境変化に対応できる人材を育てよ」

>>記事へのリンク




出世する人は人事評価を気にしない(日経プレミアシリーズ)

出世する人は人事評価を気にしない
「なぜあの人が?」のメカニズム。

現場で「できる」と評判の人、人事評価の高い人が冷や飯を食い、
業績が今ひとつな人、評判のよくない人が出世する。
品行方正タイプではなく、問題児タイプが抜擢される……。
これは決して、おべっか使いや世渡りが上手いからではないんです。

「使う側」と「使われる側」の壁を理解しなければ、
どんな「できる人」も課長ポストで頭打ちになります。
人事評価ばかり気にするような働き方をしていれば、
50代に待っているのは役員の椅子ではなく、役職定年です。

人事のプロフェッショナルだけが知っている「昇進の真相」とは――?

>>amazonへのリンク




7日で作る新・人事考課 CD-ROM付(明日香出版社)

7日で作る新・人事考課 CD-ROM付
旧態依然とした年功型の人事制度を、能力と職務で設計する新しい人事制度に7日で変える!
・業績に見合った給与にしたい
・人件費を抑制したい
・デキる人に多く支払いモチベーションを上げたい
・社員全員が納得のいく考課制度にしたい
そんな要望をすべて叶えるハイブリッド型人事評価制度の作り方を、日本の人事のロジックを一番よく知るコンサルタント、弊社代表の平康慶浩が解説。
付属のCD-ROMだけでも、数百万円の人事コンサルの価値があります!

>>amazonへのリンク




年収1000万になる方法知ってるんだが、なにか質問ある?

ブラック企業でも年収1000万円になる方法って!? 人事コンサルタントとして130社以上の人事制度構築を支援してきた著者がおくる、ビジネスパーソンのための昇給術指南書。ブラック企業の人事制度に関わってきた著者だからこそ知る「給与を増やすためのコツ」を教えます! 今すぐ実践できる、給与が増えるルールをキミの手に!

年収1000万になる方法知ってるんだが、なにか質問ある?
(impress QuickBooks) [Kindle版]




「ホワイトカラーの昇給戦略」

日経プレミアPLUS VOL.13 給料がヤバい!
http://www.nikkeibook.com/book_detail/26513/




過去の出版・寄稿 「目標管理制度のカスタマイズ」

目標管理 目標管理制度 目標管理 難しい 目標管理 不公平 目標管理 シンプル
月刊人事マネジメント(http://www.busi-pub.com/index.html
特集「HRガイド:目標管理制度のカスタマイズ」2013年6月号掲載




過去の出版・寄稿 「経営ブレインへの転換を図る5つの人事機能」

人事部門 人事部門 改革 人事 経営 人事 改革 人事 成長



第1回 「経営に貢献するための5つの人事機能」
(2013年9月号掲載)
できる人事の条件とは/人事にしかできない仕事/企業成長のための人事機能
>>詳細はこちら

第2回「他社と戦える役員をいち早く育てる」
(2013年10月号掲載)
「旧き良き役員」は不要になる/「新しい役員」の3つの役割/管理職と役員の関係/役員を育てる人事機能とは/中途採用時の処遇に注意
>>詳細はこちら



第3回「儲けの仕組みに貢献する」
(2013年11月号掲載)
生産性分析資料の作り方/時間で切り分けてラベルを貼る/空間とは組織区分のこと/生み出したキャッシュに着目/分析後対応こそが人事の強み/収益性分析との違い/課題を解決するだけでは二流/目標管理で定量目標を示そう
>>詳細はこちら

第4回「”成長する人材”を可視化する」
(2013年12月号掲載)
 知っているけれど知りたい?/優秀な人は誰でも知っている/最初の興味は新人にある/知りたいのは成長する人材/変化にはきっかけがある/つなぐことが人事の本質
>>詳細はこちら



第5回「ハッピーな退職の仕組みをつくる」
(2014年1月号掲載)
そもそも退職とは何か/退職は出口であり入口である/個人も会社も思考停止している/守ってくれる城か、外に出られない檻か/退職が不幸になる理由/従業員に成長の責任を与える/アルムナイ(卒業生)を組織する/アルムナイは企業の鏡
>>詳細はこちら

第6回「風通しの良い1枚岩の組織をつくる」
(2014年2月号掲載)
意外に伝わらない経営の思い/”隠さないこと”から始める・情報公開のルールを定める/従業員の声はまず上司から/人事部門がコーチになる/企業を成長させるために
>>詳細はこちら




ページの先頭へ

(c)セレクションアンドバリエーション株式会社