セレクションアンドバリエーション

人事評価制度,目標管理コンサルティング

ワークショップ概要

内容:一回あたり4時間、計6回の連続セミナー
各回ごとのテーマ、進め方等の詳細は、下記をご参照ください

対象:企業の人事課長、および係長クラスの方々、および将来の経営幹部候補として、人事の知識・スキルを高めたい方

人数:16名様まで
一人ひとりへの関わりを深くするため、少人数にて開催いたします

場所:東京・大阪・福岡の3か所開催
詳細についてはお問い合わせください

費用:おひとり300,000円(消費税別途)

講師:平康慶浩

セレクションアンドバリエーション株式会社 代表取締役社長・マネージングディレクター
1969年 大阪生まれ
大阪市立大学経済学部卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究家MBA取得。
アクセンチュア、アーサーアンダーセン、日本総合研究所を経て現職。
大企業から中小企業まで、140社以上(2015年末時点)の人事評価制度改革に携わる。
大阪市特別参与として区長公募面接、局長・部長昇任面接担当官も務める。
グロービスマネジメントスクール講師、 SMBCコンサルティング・セミナー講師も務める。

開催にあたって

人事を取り巻く「内部環境」の課題

変化の激しい時代、企業における人事部の役割や人事担当者に求められる専門性や知識・スキルについて、大きな革新の必要性が叫ばれています。
しかし人事担当者は、職務として自社の社員の能力開発を考え実行する立場にあるものの、「自信の能力開発」を行う機会は十分ではありません。
また、せっかく人事としての専門性を磨いたとしても、ローテーション等で異動した後、せっかくの学びが組織に引き継がれず定着しないケースが多く散見されます。

人事を取り巻く「外部環境」の課題

環境変化に合わせて、自社の人事部の在り方や機能の見直しが必要との声は非常に多く、数々の識者が「これからの人事の方向性」について様々の提言を行っています。
しかし「あるべき姿」の提言を行うことはできても、その姿を具体的に「どうやって実現するのか」についてまで踏み込んで発言している機会は多くありません。
また、人事担当者が自身の能力開発を行える「学びの場」も非常に限られており、あるべき姿と現状の「ギャップ」が、いつまでも解消されていません。

 

本ワークショップで学ぶこと、得られる成果

計6回のアクションラーニング型のワークショップを通じて、今の時代に求められる人事部の役割、人事担当者に求められる専門性について、本質を押さえます

マクロな視点で経済や経営の同行を捉えつつ、ミクロな視点で企業の人と組織の在り方についての的確なレクチャーを行い、人事のトレンドを把握します

参加者同士でグループディスカッション、クラスディスカッションに取り組み、業種・業界の枠を超えた他社事例の検討を通じて、自身の人事担当者としての視野拡大を図ります

自社の人事の現状を総点検した上で、今後の「あるべき姿」について提言にまとめ、組織に「学び」を還元します

ワークショップのプログラム

第1回:今、求められる人事の役割と機能〜利益と成長に貢献する人事〜

時代に合わせて人事はいかに変化していくべきか、人事はいかに経営に貢献できるかについて考えます

第2回:人事担当者に必要な専門性とスキル、および能力開発の方法

人事という職務を担う者が押さえておくべき知識やスキル、コンピテンシーを知り、その開発方法を学びます

第3回:行動と職務の仕組みで人材の最適化を実現する方法

人事の仕組みの根幹は等級制度にあります。適材適所、適所適材を実現するための階層設定や職種区分、昇進や配置のルールについて学びます

第4回:評価と報酬の仕組みで成長と利益を実現する方法

ビジネスの成長と利益を実現しながら、個人の成長を実現するために、評価と報酬の仕組みを徹底活用します。行動心理学の視点も踏まえ、設計と運用の実勢を学びます

第5回:自社の人事の現状を総点検

これまでの学びをもとに、自社の人事の現状を分析し、隠れている問題や変革へのポイントを炙り出します

第6回:自社の人事の「あるべき姿」を提言する

第5回で抽出した課題を解決し、自社の人事が「経営への貢献へ直結する人事」となるための提言を行います

プログラムのポイント

◎1回あたり、13:00〜17:00の4時刊を想定しています

 

◎各回とも、以下のプロセスで進行します


@講師からの基本レクチャー
Aグループディスカッション
Bクラスディスカッション
Cまとめと質疑応答

 

テーマについて講師から基本レクチャーを行った後、ケースをもとにした参加者同士のグループディスカッション、クラスディスカッションを行い、学びを深めていきます

 

◎各回ごとにレポート課題の提出があります

 

◎講師の受講者への関わり、また受講者同士の関わりを重視するため、人数は最大で16名までとさせて頂きます

 

◎進行状況に応じて、プログラムは変更させていただく場合がありますので、予めご了承ください

まずはメールフォームからお問い合わせ下さい

多くの経営者・人事担当者が、自社の人事に何らかの問題を感じているものの、どうしても営業コスト削減が優先され、人事の課題解決は後回しにされがちです。しかし、人事を改変することで売上や利益を飛躍的に伸ばした企業は、数多く存在します。そこで今回は、本ワークショップにお申し込みの企業を対象に「人事課題分析サーベイ」を無料でご提供し、人事のどの領域をいつ改変すれば「売上や利益に貢献できるようになるのか」を分析・フィードバックいたします。

概要

対象者:経営者、および人事担当者

 

内容:自社の人事の仕組み・施策等の現状に関する質問、約60問
※施策項目:採用、配置、評価、報酬、教育、退職

 

実施形態:登録メールアドレスにお送りするWEBアドレスを通じて回答
※回答から1週間程度で、現状の問題点を可視化し、今後の方向性や見直しのタイミング等についてフィードバックさせていただきます

 

費用:基本無料
※詳細レポートが必要な場合には、別途ご相談ください

アンケート形式の解凍をすることにより、自社のビジネスに併せた人事戦略の方向性を可視化

ビジネスタイプに合わせた人事改革領域(採用・配置・評価・報酬・教育・退職)と優先度を可視化

自社のビジネスの特性、人事の課題、そしてそれらの関係性がクリアに!

 

人事課題の発見および解決策の立案のために、外部専門機関へサーベイやアセスメントを依頼される組織は多いですが、高額で時間のかかるものが多く、実際に依頼するにはハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか。当サービスは基本無料です。ワークショップと併せて活用いただき、人事に関する意識向上にお役立てください。

まずはメールフォームからお問い合わせ下さい

ページの先頭へ

Valid XHTML 1.0 Transitional正当なCSSです!

(c)セレクションアンドバリエーション株式会社