企業ロゴ画像
企業ロゴ画像

ナレッジ

人事制度設計の知識詳細

基礎知識

1-2.人財マネジメントとは

評価制度をとりまく概念は、人財マネジメントの全体像として以下の図のように表されます。

人財マネジメントの全体イメージ図

 

通常、人財は人材と書くことが一般的ですが、あえて財とすることで、 従業員を「材料」ではなく「財産」として大事にしているというメッセージにもなります。 当ページでは人財として以後記述します。

 

人事評価制度とは、従業員に対して○×をつけるための仕組みではありません。そもそもは、「こういうことを期待している」という基準をあらかじめ従業員との間で合意し、 その基準を達成するために頑張ってもらうための仕組みです。

 

だから、従業員が基準を達成しやすくするための下支えが必要です。それが教育です。採用についての仕組みは採用制度といい、採用基準、採用プロセスなどが含まれます。また、退職についての制度も必要です。退職に関する制度には、定年年齢の設定や早期退職優遇制度、 懲戒規定などが含まれます。

 

これらを全部あわせて人事制度といいます。

 

運用面では、評価を行う現場での運用と、評価結果をもとに報酬につなげたり、等級を変更したりする人事部門での運用にわかれます。また、経営層がそれらのデータを経営判断に活用することもあります。これらをすべて足し合わせたものが人財マネジメントと言えます。