専門商社 | 人事制度設計と人材育成の人事コンサルティング会社 セレクションアンドバリエーション
企業ロゴ画像
企業ロゴ画像

実績

卸・小売業
専門商社

環境変化に対応し、継続的に発展するための人事改革

設立1940年代創業

従業員200名

売上約100億円

実施期間5ヶ月

プロジェクトのきっかけ

時代に合わない古い人事制度に不満を持つ社員が多く、特に若手~中堅社員の流出が目立つようになってきていた。そこで、環境変化に対応し、社員の成長と組織の継続的な発展を促す人事制度改革が必要になった。

目的

採用力の向上と若手~中堅社員の離職防止を実現し、会社が継続的に発展するための人事制度の構築。

課題

・地方での採用力の向上

・若手~中堅社員の離職の防止

・社員と会社の持続的な成長

・再雇用者の活用

・利益率の向上

実際に構築した制度のポイント

・一人一人の従業員の成長を実現するための人材像をもとに、行動等級・行動評価(コンピテンシー)の仕組みを採用


・行動等級に加え、職務等級を併用したダブルラダーの仕組みを採用


・事業部別に設定した求める人物像に基づき、各事業部に最適な評価指標を設定することで成長を促進


・事業部別に数値目標の指標となるKPIを設定。事業部や地域に最適な数値目標を設定し、会社が持続的に成長できる仕組みを導入


 

専門商社の環境変化に対応し、継続的に発展するための人事改革

特筆すべき課題や解決策の特徴

「納得感の高い人事制度」


若手~中堅社員の離職を防止するため、明確な等級定義を基礎にしたダブルラダー制度や複数のハードルを設けた昇級の仕組みを通じて優秀な人材の抜擢や適切な処遇が可能な制度を構築。また、新制度への理解を促すため、丁寧な制度説明による納得感の向上を重視した。


 

「チームワークを重視した目標管理」


改定前の制度では個人評価が重視されていたが、課題であった利益率の向上を達成するためにはチーム力を高めて組織全体の生産性を向上させることが必要であった。そこで、チーム共通目標の導入と個人目標のチーム共有の仕組みによりチーム力の向上を推進した。