企業ロゴ画像
企業ロゴ画像

実績

製造業
自動車部品

変化する環境に対応し、継続的に発展するための 人事マネジメント改革

設立1950年代創業

従業員500名前後

実施期間18ヶ月

プロジェクトのきっかけ

自動車部品の製造を中心に成長してきたが、新規事業の拡大に伴って事業部制へと移行した。
全社共通の人事制度から様々な職種に対応できる人事制度の構築のニーズが高まった。

目的

・従来型の技術者派遣と受託開発や自社製品開発の共存

・人材の成長によりビジネスの成長を実現

課題

・場当たり的な人事制度運用を続けてきた結果、等級間給与逆転が頻発

・等級数が多く、等級毎の基準が曖昧に。

・報酬水準が低く、新規事業を担う人材を採用することが難しい。

・「管理職適性の無い人が専門職になる」といった位置づけになっており、専門職軽視傾向が見られ専門性向上の動機付けとならなかった。

実際に構築した制度のポイント

・一人一人の従業員の成長を実現するための人材像をもとに、行動等級・行動評価(コンピテンシー)の仕組みを採用

・行動等級と職責等級を併用したダブルラダーの仕組みを採用し、若年抜擢及び再チャレンジ、報酬水準の調整を実現

・特色のある事業部については専用の制度を設計し、従業員と組織の成長を促進

 

特筆すべき課題や解決策の特徴

「若年層のモチベーションの向上」

若年層抜擢の仕組みや、生産にかかる直接部門・企画管理系の間接部門それぞれの人材・キャリアニーズに対応した仕組みの導入による公平な制度設計により、若年層のモチベーションを向上。離職を回避して優秀な人材を確保し、従業員の成長を促進。

「事業拡大とグローバル展開に向けた事業部制への対応」

メインの自動車備品以外に、異なる複数の事業部のニーズに合わせた個別対応を実施。事業部固有の求める人材像をもとにした制度設計により、従業員と組織の成長を促進。