fbpx
企業ロゴ画像
企業ロゴ画像

実績

建設・不動産業
建設コンサルタントメーカー

プロフェッショナルを育成する教育研修体系構築プロジェクト

設立1940年代

従業員700名

売上約130億円

               

提供サービス教育研修体系構築

実施期間24ヶ月以上(導入後の浸透支援、研修含む)

プロジェクトのきっかけ

当社からの支援によって、評価制度・報酬制度を改定し厳しい環境変化を生き抜くことのできるインフラを整備することができた一方で、若手社員を中心に、将来に対する夢を抱くことが難しくなっているという課題が生じた。これらの課題を解決するにあたって、当社から新プロジェクトの提案をし実行に至った。

目的

社員が中長期的に安心して、組織に所属し、将来の展望を見据えながら成長できるキャリアパスを設計し、パスに合わせた教育体系を構築すること。
各社員がどのようなキャリアを積み、どのように成長し、そしてどのような生活を送るようになるのかというイメージを具体的に社員に提供することで、若手社員の不安を取り除くことを目的とした。

プロフェッショナルを育成する教育研修体系構築プロジェクト

課題

建設コンサルタント業界におけるハイパフォーマー人材を定義し、その人材像となるための成長ステップと段階的に付与される役割の明確化
実務現場に即した職務内容に踏み込み、個人の成長の裾野を広げるためのキャリア選択肢の再整理
キャリアパスに紐づく教育内容企画と研修実施のスケジューリング、それらの実行力を高める為の専門部署の設置

実際に構築した制度のポイント

将来的に「自社の成長を実現する管理職・経営層」を目指すか「チームで成果を創出するプロフェッショナル」を目指すかを選べる複線型キャリアパスの導入
等級や役割毎に必要なインプット内容(受講対象研修)を一覧化し、年間スケジュールとして明示
実施する業務を定義し、課長及び課員が何をなすべきかを示し、あわせて研修専門部署で管理すべき人事情報についての定義づけ

特筆すべき課題や解決策の特徴

基礎研修、マネジメント研修、ジョブスキル研修の3分類をさらに細分化し、各階層に必要な研修テーマを設計。また、研修受講を昇格判断プロセスにも活用できるように、入学基準として必要なインプットとしても位置づけることで浸透を企図。
導入後、10年以上にわたって当社からの教育研修および管理職向け評価者研修を実施。同じテーマであっても、該当年度の課題や外部環境に合わせた研修を実行することで、そのときの経営ニーズに合致したコンテンツを提供。

プロフェッショナルを育成する教育研修体系構築プロジェクト