企業ロゴ画像
企業ロゴ画像

ナレッジ

人事制度設計の知識詳細

等級制度設計

3-10.職群の設定

等級制度を構築する中で、どうしても別の等級をつくりたくなることがあります。

 

典型的な例が海外勤務者と定年後再雇用者です。これらに対応するためには、行動等級と職務等級はそのままで「職群」という概念を適用すると運用がスムーズになります。職群が違っても、行動等級と職務等級は共通なので、定義はそのまま活用できます。

 

職群とは、職種や雇用形態が異なる従業員に対して適用するもので、例えば「海外勤務職群」や「再雇用職群」などが設定できます。